更年期障害の症状さまざま|治療に努めていく動きが急速に加速

医者

問題の要素

病院

乳がんの治療というのは、手術が主となっています。この手術というのは近年では、 美容面や腕の動きへの影響を減らすため、大胸筋や小胸筋を切除しない方法も確立されてきました。しかしそれでも腕を動かしにくくなったり、しこりが大きく大胸筋などを切除せざるをえないことも少なくありません。そこで人気となっているのが、病院で起こっているリハビリを兼ねたマッサージです。これは手術後の腕の動きの鈍さや、太くなってしまった腕を治してくれる効果があるのです。乳がんは乳房を失うこともあるため、女性にとってショックは大きなものです。そのうえ腕が太くなるというのは、ショックが倍増してしまいます。ですのでそれを改善してくれるマッサージは人気も高く、順番待ちが出ることも少なくありません。

乳がんは35歳を過ぎると、途端に発症率が高くなる病気です。ですが発見も比較的容易な病気でもあります。というのも他のがんなどとは違い、自分で触って検診することができるからなのです。特に月経後は、しこりを発見しやすい状態となります。ですのでその時期に毎月自己検診を行うようにすれば、早期発見も難しくはありません。また、しこりがある部分の皮膚に窪みができることもあるので、目で見て分かることもあります。乳がんは早期ならば、非常に高い確率で完治が見込める病気です。なので35歳を過ぎたら、自己検診を行っておくと安心でしょう。もしも手術で乳房の全摘出となっても、心配する必要はありません。近年ではがんの摘出と同時に、乳房の再建手術が受けられるようになっています。